toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

タグ:いじめ 自殺 自殺反対 いじめ撲滅 人権 教育 人権教育 エンターテイナー 人権講演  石川 能登 輪島 全国行脚 トウテムポール マウンテン お疲れマウンテン 元気マウンテン 石川県 能登 金沢  人権コンサート 人間力大賞

POSTED DATE : 2012年11月21日

2012年11月20日 石川県/金沢市立森本中学校


森本中学校創立65周年記念講演80分です。
森本中学校は金沢では一番広い校区を持ち、5つの小学校が集まっています。
遠い生徒は14キロも離れたところから登校しています。
校長先生の挨拶にもあったように、長い歴史と伝統に培われた学校です。
今回は放送部の皆さんが手伝ってくれて、よい音響環境で講演ができました。
盛り上がりも素晴らしく、ラストのマウンテンソングでは生徒のO君が、ステージに駆け上がり、一緒に踊ってくれました。今までにない盛り上がりで、体育館が興奮に包まれました。
O君、盛り上げてくれてありがとマウンテン!
花束贈呈の後、創立65周年プレゼントソングとして「森本中学校の歌」を歌いました。
講演後、音楽の授業で歌っていきたいとの言葉を戴き、作詞、作曲の甲斐があったと嬉しく思っています。

POSTED DATE : 2012年11月21日

2012年11月19日 長野県/白馬村立白馬中学校


日本が世界に誇るマウンテンの聖地、白馬。
オリンピックが行なわれたジャンプ台も見える白馬中学校80分講演です。
全校生徒は262名。
前々日、降った初雪に白馬三山が輝いていました。
裾野の紅葉と新雪のコントラストは見事でこんな日は珍しいと校長先生もおっしゃっていました。
オリンピックの表彰式が行なわれたホールで講演できる機会に恵まれ、音響環境は抜群でした。
フィナーレのマウンテンソングの時は練習を重ねてくれた生徒たちがマウンテンガッツポーズをしてくれて、保護者の方々と一緒に盛り上がりました。
さすがマウンテンの地のナイスマウンテンでした。
日本一美しい白馬マウンテンのように、美しく大きな夢を描いていってほしいと思います。

POSTED DATE : 2012年10月30日

2012年10月27日 石川県/津幡町立津幡南中学校


石川県金沢の北側に位置する津幡町立津幡南中学校、全校生徒631人の80分講演です。
陸上、相撲、ボート等におけるスポーツ優秀校です。
玄関には沢山のトロフィー、表彰状が掲げられています。
また学業においても生徒達がしっかりと取り組んでいます。
オープニングから拍手が沸き起こり、彼らと一体感となった講演でした。
インドやフィリピンの子供たちの一生懸命生きている姿を紹介しながら、生きるとは何かを真正面からのメッセージを送れたと思います。
講演後、生徒たちからの熱いメールが届き、より一層頑張っていこうと決意を新たにしました。

POSTED DATE : 2012年10月1日

志雄中学校からの感想文


講演後の石川県宝達志水町立志雄中学校より感想文が 届きましたので一部紹介させてもらいます。
「しあわせマウンテンをめざして」の60分講演が彼らの心に響き、それぞれの受け取り方をしてくれていた事が嬉しかったです。 その中の2年生kさんの「歌ってすごい力を持っていると思う」という感想文に、僕の方こそ、大きな自信をもらいました。 これからも、歌って踊って語る、自分の講演スタイルをしっかり届けて行きたいと思っています。 
1年 Tさん
「私は給食の時、音楽がなっているのを聞いて、「いつも心にマウンテン」?と思っていました。今日話を聞いて、悲しい時こそ元気よくあかるい気持ちが大切だと分かりました。私もいじめにあったとき、友達が助けてくれました。自分がダメなとき、支えてくれる友達がいたから、いじめがなくなりました。私も友達が困っているときに支えてあげたいと思いました。ポールさんが言っていたように”次、自分ができることはなにか”考える事が大事だと分かりました。これからも友達を大切にして”明るい自分”を目指してがんばります。今日はありがとうございました。」
2年 Kさん
「登天ポールさんは、いじめを少しでもなくせるように、いじめられている人が元気になれるようにYELLを送りたいと言っていて、すごい人だなと思った。日本全国をまわるなんて大変だと思った。でも、いじめられている人に「勇気」とかを与えられるのは歌なのかなって思った。「歌」ってすごい力をもっていると思った。一人ぽつんと立っていた女の子はいじめられていて、でも、親には言えなくて…。その子を元気づけ、勇気づけたのも歌だと思った。つらいときに元気に明るくふるまえる人ってすごいと思う。その人だってつらいのに、でも悲しみを乗り越えなきゃダメだって思っていたと思う。私もそういう人になりたい。いじめている人がいたら注意したい!!!」
3年 Tさん
「今日、登天ポールさんの会ってお話を聞いて、ポールさんが目指した通りの明るい人だと思いました。金沢のライブで、少女がポールさんの歌を聞いて泣いていた話で、そういうふうに人の心に響くことはすごいと思いました。人に訴えかけることはとても大変で苦労もあったかもしれないけれど、他の人も明るくできるようなパワーがあって、人のために動けることは素晴らしいと思いました。私にはまだそんな力がないかもしれないけれど、もう少し勇気を出して、強い思いがあれば、思っている気持ちのうちの10分の1でも100分の1でも相手の心に届くかな…。ポールさんのお話から、少しでも周りの人を笑顔にできるように私の努力したいと思いました。とても充実した時間でした。ありがとうございました。」

POSTED DATE : 2012年9月28日

2012年9月28日 日本青年会議所「人間力大賞2012」授賞式


日本青年会議所「人間力大賞2012」の授賞式が東京赤坂にあるサントリーホールで行われました。
僕はこの日の為に新調したマウンテン衣装で出席しました。
「人間力大賞」とは様々な分野で積極果敢な人間力あふれる若者の発掘と更なる活躍を期待しての「青年版国民栄誉賞」です。
選ばれた14人の人々はすばらしい魅力にあふれていました。
委員長挨拶に、「今の日本のこの様な状況下だからこそ社会に夢や希望を与えられる人材を発掘し、人間資源の創造へと繋げて行きたい」との言葉に、メンバーの一人としての責任を感じ、尚、自分自身の「人間力」をも磨きつつ頑張って行きたいと言う思いを新たにしました。
「人間力大賞」特別賞からの自信をもってこれからもより多くの人びとに勇気と希望を与え続けて行きたいと思っています。

POSTED DATE : 2012年9月26日

2012年9月25日 石川県/宝達志水町立志雄中学校


石川県羽咋郡宝達志水町にある志雄中学校、全校生徒200人の60分、人権教育講座です。
平成27年4月からは押水中学校との統合となり、宝達中学校となります。
志雄中学生のみんなは今のこの一瞬一瞬を惜しむかのように学校生活を送っている印象を受けました。
A先生にプロの機材を用意して頂き、ライブ会場さながらの音響での講演となりました。
それによって返しと呼ばれる自分の声が聞こえるスピーカーまであるので、いつまでも歌い続けたい気分でした。
最近のいじめ事情を意識して、悩んだ時の心のあり方、持ち方をも話しました。
エンディングトークは「仲間つくりは三角形から」というタイトルのメッセージが届いたと思います。
『1人では「点」、二人でも「線」にしかならない。
 3人いれば「面」になり、四角形、五角形…と広がっていける。』
志雄中学校200人の素晴らしい200角形ができたらと願っています。