toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

タグ:いじめ、いじめ問題、自殺、いじめ講演、いじめ講師、マウンテン、お疲れマウンテン、自殺反対、いじめ撲滅、人権、人権教育、人権教育エンターテイナー、人権講演

POSTED DATE : 2024年5月22日

2024年5月21日 大阪府/豊中市立克明小学校

豊中市立克明小学校4年生(60人)90分講演です。

豊中市では平成25年(2013年)に子ども健やか育み条例をつくり、子どもの人権を大切にしながら、子どもがまわりの人から愛され、自分らしく健やかに育つことのできるまちをめざしています。その一環として出前講座の講師として今回訪れました。克明小学校では毎年声をかけてくださりありがとマウンテンです♪(以下は克明小学校HPより抜粋

登天とうてんポールさんは、写真しゃしんのように社会しゃかいからいじめの事象じしょうがなくなるようにというメッセージをうたにして、7かげつかけて47都道府県とどうふけん全国ぜんこく行脚あんぎゃされたかたです。途中とちゅう石川県いしかわけんで、学校がっこうどもたちにかせてもらえないかと依頼いらいけたことが、がっこうでの出前でまえ授業じゅぎょうのきっかけだったそうです。

5がつ21にち、4年生ねんせいどもたちが「登天とうてんポール」さんの出前でまえ授業じゅぎょうけました。

全国ぜんこくたびしてまわったときの心温こころあたたまるエピソードもかせていただきました。

登天とうてんポールさんのおもいがこころひびいてくるうたは、自然しぜんどもたちから手拍子てびょうしました。うたいたあと、みんなはほっこり笑顔えがおになっていました。

本校ほんこうでは、ここのところ4年生ねんせい毎年まいとし登天とうてんポールさんの出前でまえ授業じゅぎょうけているとのこと。来年らいねんもまたよろしくおねがいします、現在げんざい3ねんせいみなさん、来年らいねんたのしみにしていてほしいです。

みんなでおどった!

みんないっしょに「マウンテンポーズ」

まりましたね!

POSTED DATE : 2024年4月16日

2024年3月17日 能登半島地震被災地へ(完)

能登鉄道の穴水駅前に「さわやか交流館プルート」がある。
震災前は図書館や交流スペースなど多目的な広場でにぎわっていたが、震災後は大規模避難所として今もな多くの人たちが避難生活をしている。

神戸を出発する前からプルート館長と連絡を取り、慰問コンサートの日程を調整していたので、ホワイトボードにはしっかりと登天ポールの文字か書かれていた。

館内アナウンスが鳴り響く。


「本日登天ポールさんによる歌と踊りのパフォーマンスがあります。ぜひ一階までお集まりください。」

後ろから70歳くらいの男性が話しかけてきた。

よく見ると親戚のおじさん、いとこのやっちゃんの父だった。

「まだがんばっとったんけ?」

「は、はい。おじさんこそご無事でなりよりです。ここに避難してたんですね」

地元の布団屋だったおじの家は一階がなくなる形で全壊した。やっちゃんから聞いていたが、地震の5分前までその家の中にいてトイレをしていたらしいので、まさに危機一髪で難を逃れた。

「生かされた命だったなわいね」

そう言ってニタッと笑った顔は、少年時代に見たときの笑顔のままだったので少し安心した。

コンサートはギターの弾き語りから始めた。

昭和の名曲、美空ひばり「川の流れのように」をみんなで一緒に歌った。

♪~知らず知らず歩いてきた細く長いこの道~ 

でこぼこ道や 曲がりくねった道~

地図さえない それもまた人生~♪ 

なんだろう、この感情は…

まだサビに入っていないのに涙が溢れそうになった。

参加のみなさんも同じような表情に見えた。

それは秋元康さんの歌詞があまりにも被災者の心境と重なり、Amのメロディーと一緒に心に伝わった。歌が心の傷を洗い流してくれているように感じた。

改めて音楽の力はすごいなと感じた瞬間だった。

その後、森山直太朗「さくら(独奏)」や千昌夫「北国の春」など季節や場所にちなんだ曲を歌い、僕はマウンテンソングを歌い踊った。

最後はみんなでマウンテンポーズをした。

しあわせマウンテンをめざして一日でも早い復興を願った。

               NOTO ,NOT ALONE.

最後に館長にあいさつに行くと、受付台に貼ってある張り紙に目が留まった。

いいゴロ合わせだなと感心しつつ、時が流れても忘れてはならないともう一度心に呟いた。

PS.ここまで見てくれてありがとマウンテン。最後の写真は全国からボランティアに駆け付けた仲間たちとマウンテンポーズ。皆様ぜひ能登を忘れないでください。よろしくマウンテン!

POSTED DATE : 2024年4月6日

2024年3月17日 能登半島地震被災地へ04

寒さが残る3月午前の奥能登、輪島。

三井小学校正門玄関前特設ステージは多くの人々によって囲まれていた。

卒業生や保護者の方々をはじめ先生方や関係者の皆様が手拍子を送りながら僕を待ってくれていた。

まずは皆様へ向けて深く一礼をした。

この震災で無事卒業式を迎えることができておめでとうという気持ちとこのセレモニーに呼んでくれた感謝の気持ち、そして音響の不具合によりお待たせして申し訳なかった気持ちとが混ざり合った一礼だった。

一曲目は新曲「welcome to MUSIC」と決めていた。

この約2か月半の被災生活、老若男女問わず皆生きるために必死だったことだろう。

特に輪島地区は大火災、津波、いまだに水道が通っていない現状があり、心身はもちろんのこと五感も疲弊していることだろう。あたらめて音楽の力でこの茶色と灰色の世界をカラフルに彩ることができたらなという思いがあった。

welcome to MUSIC

立ち止まらないで そのまま

welcome to MUSIC

自分のメロディー 歌うのさ

愛も 孤独も 飲み込んだくやしさも Change to your song!

すべては美しい旋律となって あなただけのプレミアムメロディー

約20分間のステージが終わった。

後ろで見てくれていた年配者の方々も、最後まで手拍子をしてくれた。

終始アットホームな雰囲気に感じたのは、夏祭りで知ってくれていたことだけではなく、僕の両親も奥能登出身でこの細胞ひとつひとつがmade in 奥能登だということもあったように思う。

終わった後、卒業生児童たちが僕に駆け寄ってきてサインを求めてくれた。

「ここに書いてほしいです」

記念品だろうか。一人の卒業生がおろしたてのTシャツを持ってきて、胸の正面に書いてほしいと言うのだ。後で後悔しないだろうかと思ったが、大切にしてよと勢いのまま大きく書いてみせた。それを見た他の卒業生も続くようにTシャツを持ってきた。

片づけをしていると、卒業生たちがまた来てくれた。

なんとみんなが先ほど書いたばかりのサイン入りTシャツに着替えているではないか。

正門特設ステージでみんな並んで一緒に記念写真を撮った。

写真の中の僕たちはこれまでのことをすべて忘れさせてくれるほど眩しい笑顔だった。

POSTED DATE : 2024年3月28日

2024年3月17日 能登半島地震被災地へ03

輪島市立三井小学校の卒業記念セレモニーは午前中に行われる。

セレモニーの会場となる体育館は震災の影響で使用できず教室となり、僕のステージは正門玄関前でお願いしますとなった。しかしなにやら進入禁止のコーンが置かれている。右側半分に校舎の壁が剥がれ落ち、コンクリートの塊がまだ撤去されず残っている状態だった。

『みんな僕のことを覚えてくれているかな~』

僕は卒業生たちが正門で記念撮影するために出てきたタイミングで、サプライズで登場し歌いだすといった流れだった。

近年コロナの影響で、毎年恒例となっていた夏まつり「三井の里フェスティバル」に参加できず不安になかったが、今は卒業式の晴れ舞台に花を添えることができるように一生懸命にパフォーマンスすることだけに集中しリハーサルを始めた。

控室となった放送室で衣装に着替えた僕は、ドキドキしながらその時を待っていた。

廊下から卒業生の声が聞こえた。

しかし、数分たってもなぜだか一向にお呼びがかからない。バレないようにそっと廊下へ出て、正門の外を覗いてみると、音響担当の山本君がなにやらそわそわしているではないか。

あれだけリハーサルしたスピーカーから音が鳴らなかった。

出ていきたい衝動を抑え、もう少し我慢して待っていると、もう山本君の顔がまるで冬の日本海のように荒れ、白波が立ち、次第に青ざめていく様子が見てわかった。しかもこともあろうか、しびれを切らした学校関係者が「と、と、とうてんポール、来てます!この後登場します!」とシャウトしているではないか。

『終わった・・・』

神戸から輪島まで約500キロ。

三井小学校卒業生たちがまさかと驚き、歌いだすと同時に喜ぶ顔を夢見て、ただひたすら真夜中の名神・北陸高速道路を飛ばしてきたシーンが走馬灯のように浮かんでいた。

POSTED DATE : 2024年3月28日

2024年3月17日 能登半島地震被災地へ02

今日は日曜日というのに、輪島市の街中は人通りがほとんどなかった。あんなにぎわっていた観光地のイメージしかなく、その時点で違和感を感じていたが、道路にはみ出すように倒壊した家々がここが能登半島地震の被災地ということをまざまざと見せつけ人々を寄せ付けないオーラを放っていた。

大好きだった輪島朝市のメイン通りは、まるで爆弾が落とされたように焦げ茶色の瓦礫の世界に変わっていた。

何度かテレビでは見ていたが、実際に目の前にした光景と少し鉄くずが焼けたような匂いに圧倒されて体が反応しきれていない。

何分か立ち尽くした後、奥能登の冷たい風を感じて、ようやく足を前に出した。

大好きだった永井豪記念館はどの辺りだったか…
おそらくこの辺りにあったと思われる場所に、焼け焦げた看板に「永井…」の文字が見えた。

約10年前の夏の夜、永井豪記念館の前でライブした思い出がよぎる。

みんなで歌い、踊った、蒸し暑いあの輪島の夜の光景が、今はもうなくなったんだと、目の前にはもうない現実を受け止め、初めて悲しさを嚙み締めた。

大阪から同行した友人の山本君も、同じく言葉を失っていた。

POSTED DATE : 2024年3月21日

2024年3月17日 能登半島地震被災地へ01

2024年1月1日に起きた能登半島地震。

あれから約2か月半。

被災地の児童、学生たちも卒業式の季節を迎えました。

輪島市三井町の子どもたちは元気にしているのだろうか。

毎年行われる夏祭り「三井の里フェスティバル」にいつも呼んでくれて、大人も子どもたちもみんなで一緒にマウンテンポーズをした思い出を懐かしみ、安否を気遣っていましたが、なかなか行動に起こせずにいました。

自分に何かできることはないか…と模索しているところ、一本の電話が鳴りました。

「子どもたちの卒業記念式典にサプライズゲストとして来て歌ってもらえないだろうか?」

三井町の公民館の館長からでした。

他の仕事との調整もあり、スケジュールを確認しますと一旦電話を切ったが、すでに心の中では決まっていました。

POSTED DATE : 2024年2月16日

2024年2月11日 香川県/人権教育研修会

高松市で人権教育研修会が行われました。

最新の人権感覚を磨こうと香川県在住の先生方や市職員等、約70名が集まりました。

一部では人権のために活躍した偉人やアーティストの歌、絵本等、多ジャンルにわたる人権研修が行われ、命の尊さを改めて学びました。

二部では人権コンサートと題して、約20分の貴重な時間を頂き、トークと歌を披露しました。

トークでは今年元旦、ちょうど能登の実家に帰省した時に起こった能登半島地震の経験を話しました。かろうじて、こうして助かった命のありがたさ、またもしも明日命が絶えようをしたとき、自分は後悔しないだろうか、毎日を精一杯生きていきたいと思う気持ちを歌い、ギター弾き語り曲「命輝かせながら」を歌いました。

また今月は世界でいじめ撲滅の象徴イベントとして定着している「ピンクシャツデー」にあたり、この高松人権研修会のメンバーで制作した「WE ARE THE FAMILY ~いじめ反対のうた~」を歌い、いじめ撲滅の思いをひとつにしました。

最後はしあわせな未来へ願いを込めて「マウンテンソング」をみんなで歌い、山のポーズで笑顔で終わりました。

会長の石原先生が体調面もあり、今回で最後回とことになりました。

本当に寂しいですが、長い間お疲れ様でした。

また機会があることを願っています。

POSTED DATE : 2023年11月6日

豊中市子ども健やか育み条例の紹介

大阪府豊中市では平成25年(2013年)に子ども健やか育み条例をつくり、子どもの人権を大切にしながら、子どもがまわりの人から愛され、自分らしく健やかに育つことのできるまちをめざしています。

子どもに最もよいことは何なのかをみなが考えながら社会全体で子どもを愛情深く育む地域社会をつくっていきましょうと市民に呼びかけています。

その一環として、子どもの人権に関する理解を深めるため、市内の小・中学校の児童・生徒・保護者を対象に出前講座を実施しており、ぼくは講師の一人として選んで頂いています。

そのおかけだと思うのですが、同市で出会った街の人々が笑顔でとても暖かく、子どもたちも生き生きと生活しているように感じます。

命の尊さや友達のすばらしさや人を思いやる気持ちって、心がやわらかい子どものときに、伝えることが大切だと思う。

小さな頃から他人を思いやれる心を育むことができると思うし、大人になっても困った人を見かけたら自然と手を差し伸べることができるような人間になれると思う。

こういう豊中市のような子供への条例がほかの市町村にもあるんだと思うけど、目にわかるようにもっと全国へ広がってほしいと思う。

近い将来、国レベルで統一した考え方やサービスが作れれば、未来の日本人はとっても素晴らしくなるんだと思う。

POSTED DATE : 2023年11月4日

2023年10月27日 大阪府/豊中市第十七中学校

大阪府の北部にある豊中市第十七中学校一年生100分講演です。

昨年に続き、4回目の同校での講演となります。

もう17年前にもなるいじめ撲滅、自殺反対の全国行脚の話を、今もなお、子供たちや大人に伝えてほしいと声をかけて頂けることに、豊中市教育委員会の職員の皆様や、校長先生、人権担当の先生方に心よりa lot of感謝です。

休憩を挟まずに、100分間も、じっと、また歌も手拍子してくれたりしながら、みんな聴いてくれてありがとマウンテン!

終わった後、生徒たちが近寄ってくれて、あっと片付けを手伝ってくれました。嬉しかったな~。「長い間しんどくなかった?」と言うと「あっという間だった!」と言ってくれたこと、さよならときにマウンテンっ!と声をかけて、山のポーズをしてくれたこと、いろいろなシーンが今も僕の中に残ってます。

またいつかどこかで逢えることを楽しみにしています。

 いつも心にマウンテン

POSTED DATE : 2023年9月30日

2023年9月29日 香川県/高松第一小中学校

香川県高松市の中心にある高松第一小中学校、午前60分、午後60分の2回講演です。

平成22年4月に近隣の小・中学校が統合し、四国で最初の施設一体型小中一貫教育校として開校しました。

「高松第一学園(愛称)」は、「学園」がついてある通り、校内は広々とした空間、まるで私立の大学のような美しい校舎が広がっていて、講演会場となった体育館も「アリーナA」という名前でした。青少年たちがいろいろなことを学びたくなるような学園感?にびっくりしました。

午前中、小学年を対象にした60分講演では、1年生から6年生まで6年の開きがある児童たちにどんな話をすればいいのか悩みましたが、全国行脚で体験した出会いをもとに作った歌を、ギター弾き語りで歌い、なるべくリズムがある歌や手拍子を送れる楽曲を選びました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「FRIEND SONG~ともだちのうた~」 作詞・作曲 登天ポール

いつもひとり空を眺めていた私 
言いたいこと言えず黙っていた私
自分を変えたいのに変えれない私 
傘ささずに歩いていた私

「一緒に帰ろう」とあなたは言った

私からのSOS あなたからのやさしさ
ずっと閉じてた心の扉が今…OPEN…光が差し込んで

あなたとあそび合いたい あなたと語り合いたい
あなたと夢育てたい あなたと思い出作りたい

今にも未来にも あなたと共に生きたい
friend song friend song 今 この 学び舎で

あなたと桜みたい あなたと泳ぎたい 
あなたと歌歌いたい あなたと雪見に行きたい

今にも未来にも あなたと共に生きたい
friend song friend song 今 ここ 高松第一小学校

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「FRIEND SONG~ともだちのうた~」は、講演前の校長室で、N校長先生が話してくださった学校への取り組み、「SOS」のキーワードを受けて歌いました。

N校長先生も児童たちも感動してくれて嬉しかったです。

午後からの中学生60分講演では、さきほどとガラッと変わって大人のムードになりました。

小学生たちとは内容も変え、活動を始めたきっかけになった阪神淡路大震災の時の出来事を話しました。

          なぜいじめはいけないのか?

          なぜ命は尊いのか?

その根っこの部分をみんなが分かっていないといじめはなくなっていかないと思う。

21都道府県目で実際に出会った京都府の男性の話を例に出して、わが子を失った悲しみや虚しさの思いを、歌「命輝かせながら」に乗せて歌いました。

短い時間だったけど、小学生、中学生の全9学年の青少年たちと、感じ合い、笑顔で踊りながら交流ができたことは僕の大きな財産となりました。

またどこかで逢える日を楽しみにしています☆

 いつも心にマウンテン!