toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

学校・生涯学習 アーカイブ

POSTED DATE : 2015年1月28日

2015年1月27日 大阪府/大阪産業大学(第2回)


大阪産業大学80分講義(第2回)です。
前回に引き続き、人間環境学部「ボランティア論」を受講する学生達にいじめ撲滅への講義をしてほしいという依頼を受け実現しました。
今回は全国行脚後の話を中心に衣装、歌、踊り、映像など交えエンターテイメント性豊かに講義をしました。
小中学生とは違い、時折頷き、自分なりに考えている様子やマザーテレサHouseでの経験を歌ったギター曲では、歌詞のひとつひとつを心で受けとめながら聴いてくれている様子でした。
講義後、レポートで「いじめ撲滅=マウンテンポーズ」となるためにはどうすればいいかというテーマを出しました。一番多かった意見は「メディアに出て有名になること」でした。
数々のアイデア、応援メッセージ、二十歳前後の彼らからたくさんの勇気をもらいました。
今後の展開に向けてぜひとも参考にしたいと思います。

POSTED DATE : 2015年1月15日

2015年1月13日 大阪府/大阪産業大学


新年初めの講演は大阪府大東市にある大阪産業大学80分の講義です。
人間環境学部「ボランティア論」を受講する学生達にいじめ撲滅への講義してほしいという依頼を受け実現しました。計2回講義の1回目は活動を始めた当時の想いを、丁寧に話し、きっかけとなった20年目を迎える阪神淡路大震災の話をしました。ちょうど地震が起こった1995年生まれの学生たちも多く、自分のことのように真剣に耳を傾けてくれました。「ボランティアは人に求められる喜び、必要とされるやりがいが一番の醍醐味だと思います」と伝えました。また僕の講演後に頂く各学校からの感想文を読みあげて、動けば必ず誰かか見てくれていることを伝え、行動することの大切さを伝えました。

POSTED DATE : 2014年12月24日

2014年を思う

             
多くの出会いと思いを積んだ2014年も終わります。
伝えたかったこと、伝えきれなかったこと、嬉しかったこと、悔しかったこと…
今年もいろんな感情と向き合いながら過ごしてきました。
去年の自分より一歩成長できたと思えているならば素晴らしい年だったと思います。
時代と共に社会形態が変わりその環境の中で必死に生きている子供たちです。
思春期特有の不安、揺らぎを抱えている彼らに人権教育エンターテーナーとして
子ども達の目線に合わせた努力を来年も続けていきたいと思います。
小さく微妙に揺れる子ども達の心の動きを見過ごさないということを
自分に課していきたいと思っています。
良いお年をお迎えください。
 いつも心にマウンテン

POSTED DATE : 2014年12月12日

2014年12月10日 兵庫県/姫路青年会議所


世界遺産、姫路城と共に在る姫路青年会議所のエンターショーに呼ばれました。
日本青年会議所「人間力大賞2012」特別賞授賞の経緯と、同じ兵庫県出身ということからの忘年パーティーへの参加となりました。
オファーの内容はマウンテンソングと僕の活動へのエールでした。
姫路を支えようとする同世代のエネルギーを感じつつ、こういう人達の力が姫路の発展の力になっていくんだと実感しました。
姫路青年会議所の皆様方も姫路が好きで、愛しているんだと思います。その大好きな姫路を、皆様の素晴らしい個々の力と団結力で、益々発展させることを願っています。

POSTED DATE : 2014年12月8日

2014年12月08日 岡山県/総社市立総社西中学校


岡山県中南部にある桃太郎伝説の地、総社市総社西中学校70分講演です。
岡山県では3校目の講演です。
今年の6月に校長先生とお会いし、講演が実現しました。
オープニングに「願い続ければ願いは叶う」という実例を話し、拍手をもらいました。
いじめられていた少女の話では、みんな息をのむかのように聞いてくれ、メロディーに乗せて語ると、少女の心の痛みをそれぞれの心で感じとってくれているようでした。
控室に2年生の生徒たちが笑顔であいさつに来てくれました。
みんなでマウンテンポーズをして繋がり合いました。
講演後、校長室に特別支援学級の生徒が言葉を詰まらせながら「握手をして下さい…」と恥じらいながら言いました。出してくれた手はとても冷たかったので僕は両手で包み込みました。
少し沈黙の後、「マ、マウンテン…」と目をうるわせながらポーズをしてくれ、その何気ない一瞬の微笑みが今日の講演の最高の喜びでした。

POSTED DATE : 2014年12月7日

2014年12月06日 石川県/能登青年会議所


能登青年会議所創立25周年シニア合同交流懇談会20分講演の招待を受けました。
2年前、能登JCからの推薦を受け、日本青年会議所「人間力大賞2012」会頭特別賞という大きな賞を受賞しました。感謝を込めて、この2年間の歩みをプロジェクターを使って見てもらい、更に邁進していくことを誓いました。奥能登で活躍するシニアの皆様方と笑顔でマウンテンポーズをしました。
 「能登はやさしや土までも…」
能登半島からいじめのない心が世界へと広がっていくことを願っています。

POSTED DATE : 2014年12月7日

2014年12月03日 富山県/富山市立萩浦小学校


富山市の北側に位置する萩浦小学校60分講演です。
今回、富山市で3校講演した内の最後にあたる、3年生から6年生までの講演です。
中高学年ということもあり、いじめ問題に関心を持って聞いてくれました。
寒いのでUPテンポで手拍子のできる歌を選び、語りもリズムカルに運ぶように工夫をし、参加型にしました。
宝物トークで、それぞれ自分の存在の尊さを感じてもらい、マウンテンソングでは、歌い、踊って、ハッピーな空気となり、最後、全員とハイタッチをして、繋がり合う大切さを心と体で感じ合いました。
今回の富山市3校の講演はたくさんの子ども達と触れ合うことができ、意義深いものとなりました。

POSTED DATE : 2014年12月7日

2014年12月03日 富山県/富山市立岩瀬小学校


富山市の日本海側に位置する岩瀬小学校60分講演です。
去年講演をした呉羽中学校のK校長先生が感動してくれ、後輩である岩瀬小のT校長先生に連絡してくれての実現となりました。
その上、近辺2校にも声をかけてくれ、まとめて3校の講演が実現しました。
こうして僕の知らないところで繋がっていることを忘れてはいけないと思いました。
子ども達はコの字型に座っていました。
シャイな子ども達は、最初の物の気持ちになったりんごの歌や桃の歌などでは、リアクションがなく過ぎてしまいました。しかし、講演が進むにつれ、コミュニケーションが取れて、最後のマウンテンソングにはみんなステキな笑顔を見せてくれました。
質問コーナーでは6年生の男児が「(いじめ問題に対して)登天ポールさんは自分のことをちっぽけな存在って言っていたけど、全然ちっぽけではありません」
と言ってくれ、みんなが拍手をしてくれたことに思わず涙がこぼれました。

POSTED DATE : 2014年12月7日

2014年12月02日 富山県/富山市立豊田小学校


富山市の中心部に位置する豊田小学校「いじめを許さない心を育くむ講演会」60分講演です。
対象は1、2、3年生379名の児童です。
建て替え5年目という新しい校舎に、吹き抜けのエントランス、光あふれる校舎が印象的でした。
今年最初の寒波が襲い、雪が降る中、体育館には大型のストーブが4台用意され、子ども達の熱気もあり、
ぽかぽかでした。低学年(7才~9才)ということもあり、ひとつひとつ言葉を分かりやすく置き換えて、踊りや歌にも工夫を凝らしました。
いじめのない心とはどういうことか、相手を思いやるとはどういうことかを考えてもらい、命がけでお母さんがみんなを生んでくれたことを伝えました。
退場の時マウンテンの言葉があちこちから飛び交い、集まってくれたことが嬉しかったです。