toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

POSTED DATE : 2008年1月15日

いじめ撲滅キャンペーン山手線スタート

皆さん2008年も元気マウンテンでしょうか?
改めまして明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
まだまだ正月モードのポールです。
いつも心が元旦なので今年も年が明けるまでこのままでいようと思います。
さて、キャンペーンのお話ですが舞台は東京JR山手線へ移ってきます。
実は少し間を置こうと思ってました。
しかし時が経つにつれて体がウズウズしてきました。
どんな作業でもそう。体が覚えてくれて初めて職人になる。
昔タップダンスの先生がこう言っていたなぁ。
「頭で考えているうちは素人だ。体が反応して初めてプロへのスタートラインに立てるんだ」
7ヵ月培ってきた全国行脚の経験は東京へ。
2008年いじめ撲滅は全29駅のモンスタートレイン、JR山手線から始まります。
NEXT WEEK IS… 「山手線(マウンテンハンドライン)スタート」 

POSTED DATE : 2007年12月29日

明るい未来へ

皆さんお元気マウンテンでしょうか?
今年もフィナーレですね。ホント早いですね。
特にポールは今年7ヶ月も全国を回っていたので例年にない早さを感じてます。
旅を終えて早1ヶ月,東京に帰ってきた当時は浦島太郎状態だったのですがおかげさまで今は心身共にニュートラルに戻りやっとこの社会にも慣れてきたこの頃です。
最近テレビを見ると年末ということもあり今年起こった重大事件やランキングなどがやっている。そんなこともあったのかと今頃フレッシュサプライズなニュースもあった。
しかし今年もなんてハッピーなニュースが少ないんだろうと思う。
今年の象徴する漢字「偽」って(汗)。これでは元気出ないね。
それを書いたお坊さんもなんでこんな字を書かなければいけないんだと嘆いていた。
行脚途中に寄った三重の赤福本店もたくさんの観光客が行き交う中門を閉ざしていた。
食品偽装問題に限らず他のジャンルもいっぱい毒が出てきそうな予感がする。
この国ってウソつきばっかりなのか?
2007年は「偽」ならば2008年は「真」であって欲しい。
近未来にはハッピージャパンになっていることを願って今年最後の言葉とさせて頂きます。
今年もみんなありがとう~&来年もよろしくプリ~ズ☆☆
          
 いつも心にマウンテン    登天ポールより  
       よいお年を?♪

POSTED DATE : 2007年12月22日

いじめ問題の未来

この旅でずっといじめはどうすれば無くなるのかそればかりを考えていた。とい
うか気が付けば考えている自分がいた。キャンペーンのない日はご当地の美味
しいものを食べて温泉入ってリフレッシュ♪そんな誘惑プランを考えられたのは5
月13日から1週間程度。
5月5日(祝)に渋谷で『行ってきマウンテン』と題してキャンペーンを行ったけ
ど翌日からの1週間は間に合ってない準備の為に奔走していた。ヤフオクで
競り落とした旅のメンバー“ステップワゴン”のミケランジェロと出逢ったのも5
月8日だった。
という事で実質上の旅は5月13日(日)の千葉駅前のキャンペーンがスタートだっ
た。
初めてのアウェイ千葉でキャンペーンを始めると通りかかったおばあちゃんが千
円札をカンパ箱の金魚鉢に入れてくれた。そして、
「なかなか出来る事じゃないからね。最後まで身体に気をつけて頑張ってね。」
そう笑顔で言い残すとバス停を目指して歩いて行った。
まだ実感は全くない。
だけれど何かが始まろうとしている。
千葉のキャンペーンが終わってからは、二人でいろんな構想を話し合った。
しかし、現実の旅を続けてゆくうちにうまく行かない事が重なり、ついに言い争
いが始まった。
5月19日の松島だった。
まだ1週間も経っていなかったが疲れとは認識出来ない疲れが溜まって来ていた。
それからは現実をハッキリ見定め始めた。
週に何回かは風呂に入らなくてはならないので毎回捜して入る必要があるし、食
事も捜していなくてはならない。夜は寝場所になる駐車スペースを捜さなくて
はならない。もちろんすべてローコストで済まさなければならない。そして何よ
りこの旅の軸はいじめ撲滅全国行脚なのだ。
現実の全国行脚はそういった乗りのリズムで過ぎ始めた。
予想していなかった。
やはり実際に始めないと判らないと改めて痛感した。
ただいつも「いじめは無くなる」という願いから生まれる『いじめの無い世の中
』をイメージし続けていた。
いじめが無くなるなんて。
この幸せこそトップオブハッピーだ!
思い返せば、ホームページのnewsで「完全オフ宣言!」をした沖縄の3日間を除
けばオフは無かった。
そうでないと自分のバランスが取れなかった気がする。
212日間で全国各都道府県をまわって感じた事。
出逢ったみんなそれぞれが自分のスタイルで前を目指して生きていた。
みんなの生きる力をポールは腹の底から全身で感じた。
学生のみんなもそう。
学生という段階で自分を作っているところなんだ。
時には間違えながらも自分らしい生き方を捜して生きる力を発揮しようとしてい
る。
ポールは全国のみんなから力を確かにもらった。
ありがとう。
今度はその力をカタチにする番だ。
ポールもポールらしい生き方でみんなの力になりたい。
ポールは自分のやり方で表現するから。
ポールにはそれしか出来ないんだ。
この旅から沢山の教わった事をシンプルに曲にする。
これがポールのいじめ撲滅の答え。
出来次第報告するよ。
一緒に新しい明日を向えよう♪

POSTED DATE : 2007年12月12日

全国行脚を終えて IN東京

寒い摩天楼の北風が吹きつける東京。
ポストには7ヶ月分のチラシが押し込められている。
久しぶりのマイハウス。
脱ぎ捨てたまんまの衣類、捨て忘れた空き缶、5月のまんまのカレンダー、あんなに激しかった7ヶ月が嘘だったかのように出発前の時を刻んでいた。
空のまんま家賃を払い続けたこの部屋は心ある兄のおかけでなんとかキープすることができた。兄よありがとう。危うく東京でも車内ライフのところだった(汗)。
やっと部屋にインターネットが開通し今部屋のPCでコラムを書いている全国行脚を終えて10日目の夜です。
ここ1週間は体調を壊しダウンだった。
気が抜けたというよりいきなり7ヶ月分の疲れがビッグウェーブとなって一気に押し寄せてきた感じ。まるでブラジル沖で発生した津波が時間差で日本にやってきたかような、行脚達成4日後の出来事。一瞬に飲み込まれながらも何とか抵抗するのだが
「元気マウンテ…テ・テ・テ・テ…?」
壊れたロボットだった。もちろん今は復活し元気マウンテンです。
念のためにもしも近未来にあなたが車で日本一周を考えているなら達成後2週間はリハビリタイムを持つことをお勧めします(笑)。プチ知識でした。
今回はコラムというか日記というか報告というか…(フェードアウト)
NEXT IS…「いじめ問題の未来」

POSTED DATE : 2007年11月29日

全国行脚207日目を終えて IN神奈川

ラウンドマークタワー、キラキラ観覧車、赤レンガ倉庫、ベイブリッジ、いきなり見慣れた景色が飛び込んで来た。47都道府県目、横浜シティ。ここは東天時代にお世話になったなじみのシティだ。この行脚、新しい県へ移動することが一つの楽しみだった。しかし今回残念ながらそのトキメキがない。では次回は…ゴール東京。終わらないと思っていた旅がもうすぐ終わってしまう。一気に淋しさが押し寄せて来ている行脚207日目の夜です。
寒くて凍りそうになった北海道…
暑くて蒸発しそうになった島根…
まだ半分しか終わってないと気づいた大分…
まだこの大陸が残っているのかと愛媛…
凹んだとき、湧き出た感情はすべて「帰りたい」だった。
でも今、帰りたくない。まだ旅を続けていたい…。
面白いね、人間は。勝手だね、人間って(笑)。
残り1県。
どっから湧き出ててきたのと思うくらいのパワーが今この手にある。
この不思議なパワーは今まで出逢った人達からの、遠くで見守ってくれているあなたからのパワーだと思う。
ほんとありがとう。
ラストはみんなと共にいじめ撲滅を叫ぶ。日本全土へ響き渡るくらいの大きなパワーで…
NEXT IS …「全国行脚を終えて IN東京」

POSTED DATE : 2007年11月20日

全国行脚197日を終えて IN静岡

こがらし1号が吹いた。
その日のキャンペーンは三本ののぼりが倒れまくった。
ついに本格的ウィンターシーズン到来を肌で感じ、ほとんど修行状態の車内生活197日目です。
残り2県!とりあえず年内には帰れそうでほっとしている。
しかしどこからか聞こえて来たジングルベルに腰を抜かしてしまった。
慌てて携帯のカレンダーを見直す。
もうクリスマスシーズンか…ていうかこんなにムードアップ早かったっけ??
またカレンダーを見直す。
街をよく見ると白くデコレーションしたビルディングやキラキラネオンの街路樹、サンタの衣装をしたカーネルサンダースが笑っていた。それら一つ一つが今の僕らにはとても眩しく、なんかせつなかった。
ロケハンを澄ませ車内へ戻ると低反発のシートがカチカチになっていた。指を押しても凹みのまんまになってなかなか戻ってこない。完全に低反発になった彼を見て冬を知った。
残り2県。
みんなはもう少しだねと元気をくれる。本当にありがとう。
しかしあと2県。
マラソンランナーでいうところの42.195km中、40km地点。
体力的に一番厳しい状態に差し掛かっている。
あと2kmの前でもう40kmも来たんだねと喜ぶランナーはいない。
最後のパワーを振り絞り最高のパフォーマンスをしようとゴールを目指す。
残り2km、のような残り2県。
全国行脚、ここからが見せ所だ。
NEXT IS …

POSTED DATE : 2007年11月13日

いろんな目覚まし時計

ある晴れた朝にメラメラ?と炎が近づく音がして目が覚めた。
振り返って見てみると本当に炎が迫って来ているではないか!パーキングエリアで寝ていたポールは意味が分からないまま後ろの扉を閉めて難を逃れた。あとで分かったのだが後ろの空き地の管理人が掃除のために茂り過ぎた雑草を燃やしていたのだった。
目覚ましファイヤー
目覚ましショベルカー
目覚ましポリス
目覚ましモスキート
etc.
この旅はいろんなものが目覚まし時計代わりになってます(笑)。
NEXT IS …

POSTED DATE : 2007年11月5日

全国行脚174日を終えて IN奈良

徳島、兵庫、大阪とキャンペーンは路上から学校へと舞台は広がり、ダイレクトに学生のみんなに伝える機会に巡り会った。よし!この調子で41都道府県目になる奈良県へ突入中の174日目です。
今回は中学校でキャンペーンをしたときの様子を書こうと思う。
週が空けた月曜日。時刻は朝8時20分。体育館には続々と生徒が入ってくる。何人かが外で待機しているポールに気づいてざわつきマウンテン。すると「コラっ!!そこ早く入らんか!!」と生活指導の先生が叫んでいる。時刻の針はちょうど8時30分を指していた。
みんなきちんと整列して体操座り。その目の前にはすでにのぼりが三本立っている。
その状況の中で生徒指導の先生が今週の注意事項や連絡事項など軽めのトーク。終わったあとにアナウンスが入った。
「今日は東京からお客さんが来ています。只今いじめ撲滅で全国をまわっている登天ポールさんです。それではよろしくお願いします。」
袖で隠れていた私は登場した。
500人くらいはいるだろうか?軽くざわめきが起こる中、ステージのセンターまでゆっくりと歩いていく。路上とは決定的に違う圧倒的な空気感。これはなんなんだろう?まるで体育館が一つの生き物になってポールに襲ってきたかのような空気が肌を刺す。中央に立った時にようやくその空気の意味が分かった。
 …ここは現場。これが今いじめが行われている現場の空気…
私はゆっくり深呼吸をし、ゆっくり両腕を上げる。力を貸してくれと言わんばかりに空気中に浮いているミクロハッピーを集め終わった瞬間、一気に叫んだ。
「元気マウンテン!登天ポールです。」
一瞬で空気が変わる。同時にすぐ畳み掛ける。
「いじめなんてくだらないことはやめてもっとハッピーでいこうぜ。それぞれの夢、希望に向かって登っていこう♪」
間髪入れずに私はマウンテンソングを歌い始めた…。
どんなにきれいごとを言ったって現場に立ってみないと分からない。
生徒一人一人の目がリアルに訴えかけてくる。
いじめているヤツの目。
いじめられて苦しんでいるヤツの目。
あまり表情に現れないがそれは明らかだった。
何が言いたいか?
今のいじめは繊細すぎる。
いじめはどんどんと進化していて、見えないところでしっかりと根を張っている。その根があまりにも深すぎてSOS信号は爆発する寸前までおそらく親も先生も気づけないんだろう。まさに灯台下暗し。
灯台の下にいるのに誰も気づいてくれないジレンマ。
叫びたいけど叫べないジレンマ。
超音波レベルなその信号を今後誰が気づいてあげれるのだろうか…
そんな事を思いながら少しでも彼らの気持ちにプラスパワーを伝える事が出来ればと歌い続けた。
NEXT IS …

POSTED DATE : 2007年10月26日

全国行脚167日目を終えて IN大阪

夜はすっかり肌寒くなり車内の底に眠っていた寝袋を慌てて出して眠っている。もう10月の終わりなのにまだビーチサンダルを履いている時点でどうなんだろう?歯磨きもペットボトルの水さえあればどこでも磨き、通りすがりの人と目が合ってもニコッと笑顔で交わす余裕さえある。そういったことがだんだん平気になって当たり前になっていつしか僕らのライフスタイルになってしまった。社会やブームも変わった。首相が変わった。亀田が負けた。オッパッピーが人気だ。残念ながら知る情報はすべて後追いで興味があるのかないのかも分からなくなった。大分いい感じで世間とかけ離れたなと実感する行脚167日目です。
コラムもどれくらい書いていなかったんだろう。
何度もクリックされた方へ心からアパラジャイズ。
コンピューター1台でブログ作成、メールの返信、資料の作成など日々フル活動している。その合間でコラムを書くのだが、充電が切れたり、電波がなかったり、車が故障したり、体がなんか変だったり、それ以前の問題であったりとなんだかんだ問題がマウンテン。これからは短くても書くようにする。
まずは40都道府県を経験した今の気持ちから書いてみる。
この行脚は何もかも「探す」旅だなと思う。
朝起きるといきなり探している。
携帯の充電機がないとか、歯ブラシが入っているあのカバンはどこいったとか車のキーはどこだだの朝から狭い車内はミステリーワールドと化す。やっと車のキーを見つけると今度は主要の駅を探し、途中で朝食場所を探し、その店でコンセントのある席を探し、それからキャンペーンができそうな場所を探す。昼はコインランドリーを探し、夜はスーパー銭湯を探し、最後は今夜眠れそうな寝場所(道の駅や駐車場)を探す。このように1日中「探す」ことで終わる。要は毎日探しまくっているんです(笑)。
ほんと人生でこんなに探し続けることってあるのかと思う。
東京で一人暮らしている時は「探す」なんてたまにセロハンテープとか石けんの変えどこ置いたとかいうレベルだもんな。銭湯や近所のうまい飯屋なんて分かってるし。
「探す」から逃れたい…
「探す」がない1日がほしい…
何度も思った。
だけど何度も探しているうちに大切なことに気づく。
「探す」数だけ「見つかる」が待っていた。
「探す」は開拓。
「探す」は冒険。
「探す」は未来。
そう思えた瞬間、またハンドルを握りしめ新しい街で何かを探し始めていた。
NEXT WEEK IS …

POSTED DATE : 2007年9月12日

全国行脚114日目を終えて on the フェリー

只今福岡シティで書いてます。
今週は沖縄?鹿児島の帰りのフェリーで出会った on the フェリーでの出来事を書こうとしたんだけどデスクトップ上にあったそのファイルを☆さんが間違えて捨ててしまったらしくもうコピペができません。今思い出して書こうとしたんだけどあのときのトキメキ記憶がOLDになっていてうまく書けない(涙)島から手を振るクラスメイトとフェリーから手を振る男の子、沖永良部島でのサヨナラストーリーだったんです。最後大好きだ?って告白したんですよ。みんな堤防の先端まで走ってきて3人が海にダイブしたんですよ。愛してるよ?って。見ているサイドは「え?、こんなドラマティックなことあるの?!!」みたいな。フィリー内でその彼としゃべったんだけどほんとピュアで将来の夢は牛を育てる事だったって。そのために島から離れ農業の高校へ行くんだって。思わずなんか嬉しくなりジュースをおごった。告白したのは彼女でまた逢えなくなるから思わず叫んだんだって。も?ううまく伝えられないけどそんな出来事があった。まだまだ日本も捨てたもんじゃないなって思った。都会では見る事のできない本島と離島のピュアストーリー、疲れていたとき逆に元気マウンテンになったポールでした。
NEXT WEEK IS 「全国行脚128日目を終えて ?もう秋? 」