toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

POSTED DATE : 2009年7月6日

歴史に幕を下ろす

dorakue9.jpg
ドラゴンクエスト9が今月の11日に発売される。
小学校3年生からこのシリーズをずっと発売日に購入してきた。
しかし今回この歴史に幕を下ろそうと思う。
崖か海かの決断だった。
例えがよくないがそれだけ断崖絶壁な決断だった。
理由はドンストップできない性格だから。
この歴史的モンスターゲームは
一旦やり始めるとレベルアップしまくりたくなる。
学生時代でさえ仮病を使いレベルアップしてしまった私なのだから大人買いならぬ大人やりが恐い。ここは無理やりでも
全席終日禁煙
刺青やワンポイントタトゥーやシールもお断り
130センチ以下
女人禁制
いわゆる完全シャットアウトしたい。
でも揺れた。
ビニール袋5円
くらい揺れた。
でも
7勝7敗制限時間いっぱい
で迷っていた。
深呼吸をして脇を拭き塩を巻き
そしてその指を舐めて考えた決断だった。
でも
デレデレデレ♪(呪文の音)
やっぱりやりたい。
この先の未来にこんな少年心をくすぐる出来事ことが他にあるのだろうかと思う。
たぶん同じ悩みを持っている人多いと思う。
ちょうどドラクエ世代は今パパになって3歳と1歳の二児の父だろう。
「あなたいつまでやってるの!」
という嫁の声をどうマホトーンするか、いや封じ込めるかを迷っているに違いない。
嗚呼~夏目漱石よ。
現代に生まれたばっかりに悩みは多くなりまする。
嗚呼~伊藤博文よ。
あなたは賢者の石を持ってそうですね。
嗚呼~福沢諭吉でなくて福沢アナよ
ファイヤーと叫ぶのは終わっても次はイオナズンと叫べばいいさ。
嗚呼~俺の頭よ
もうやりたくてなにがなんだかパルプンテ
皆さん今回はドラクエ9発売記念ということでこんなコラムになりまして
心からザキ、いや申し訳ないです。
ポールは自分のレベルアップに集中したいと思います。
最後にくれぐれも洞窟の中でルーラは使わないで下さいね。
ドスン!!
って頭打つから。
NEXT IS…

POSTED DATE : 2009年6月29日

真のマウンテニアとは

皆さんお元気かな?雨が心に染み込んでないかい?
いよいよ今週から7月に突入。
桜が咲いた4月にあれをやろう、これをやろうと意気込んでいた自分。
悲しいほどできていない自分。
思わずバカヤローと叫んでいるポールです(涙)
この3ヵ月の状況を例えるならこうだ。
%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%A2.jpg
1日目
幸せのマウンテンを目指し道なき道を登っていた。
2日目
深い霧に巻き込まれ前が見えなくなった。
これはまずいぞと山肌にテントを立てて青空を待った。
3日目
霧は濃い。狭いテントの中でイメージトレーニングをして過ごした。
4日目
霧は濃い。心まで曇らないように言い聞かせる。
絶対行くぞトップオブハッピー…
5,6日目
まだ霧は濃い。悶々とする中自分との戦いが始まる。
いつも心にマウンテン…
そして7日目
テントの窓から外を見た。同じように霧は濃い。今日も無理だと思ったそのときだった。
深い霧の合間から人が
視界が悪い中でも
一歩一歩
着実に
幸せのマウンテンをめざして
登っていた…
頂上にたどり着ける人とたどり着けない人との差ってこんなとこなんだと思う。
自分の設定したマウンテンならば立ち止まってはならない。
どんなに悪条件だろうと進んでいかなくちゃいけない。
一週間も悪条件に甘え、テントに篭っていた私はマウンテニアとして失格だった。
 君は本物か偽者か
夏を前に今突きつけられるポールです。

POSTED DATE : 2009年6月22日

梅雨の中で

ゴゴー
強いスコールのような雨が窓を叩く。
何度も布団に包まるがその激しい音は止まない。
ゴールデンウィークの温かさにてっきりもう夏だと思っていた。
一入ため息が漏れる。
そういえば日本一周の旅をしているとき、屋根を叩く雨音で何度も起きたことがあった。
路上に出れない紋々とした車内の中、窓から除く濡れた木々の葉を眺めていた。
ここを超えれば突き抜けれる…
自分に言い聞かせたあの頃。日々体調と気持ちが変化する旅の中でいじめ撲滅という一つの目標が何度も限界を超えさせてくれた。
もう2年前か…
布団から出てコーヒー用のお湯を沸かす。
最近は平和なものだ。
つくづく思う。
寝る空間や食べ物、さらに同じ毎日が繰り返される。
家族を持ち命を育てる人々にとっては最高なんだろうが、この生きるも死ぬもない喜怒哀楽の幅が狭いルーティーンは私には退屈だ。いっそのことダンボール生活にもなって地面から世の中を見上げていたほうがよりエキサイティングじゃないかとも思う。
30歳を超え同世代の仲間は結婚し子供を生み同じテンションの人が少なくなった。
このギャップはこの先どんどん増して行くんだろうな。
最近同じ高校生だった女友達に連絡するとなんだか育児で忙しそうだった。当たり前か。
聞くとまだ2才児なのにやれ英才教育ややれ右脳教育ややれマクラーレンの乳母車だとか…親のマスコットのように、着せ替え人形みたいに育てていた。もちろん一人っ子の男の子。
三つ子の魂なんちゃら…とよく言ったものだがそんな大事な時期ならもっと知力なんかより人間力や生命力を育ててほしいと思って怒鳴って電話を切った。
ただでさえ今の若者は貧弱で草食男子とかいわれ、そんな人々がインターネットで簡単に知識を得て、あたかも自分が経験したかのように錯覚し、自慢げに語っている時代。ほんと中卒で一人でインドでも行って何日もガンジス川で身を清めてきてほしいと願う。百聞は一見になんちゃら…というが経験して初めてその大変さが分かったりその時の気持ちが分かったりし、その体験が感動となって自分の肉となるんだ。
カラスがカーカーと鳴いた。
窓を見る。
雨はちょっと止んだ。
東京アメッシュを見た。
ここ30分の動きに大きな雨雲の動きはない。
よしチャンス。走りに行こう。
僕は心まで湿気ないように部屋を飛び出していった。
そして10分後、ビチョビチョになって戻ってきた。
 雨降って地なんちゃら…

POSTED DATE : 2009年6月17日

久々徳島へ

梅雨の時期皆さん元気マウンテンしてますか?
ブログも久々更新で申し訳ない。
死んでません。
ジムに通い、プールで泳ぎながら
地道だけど熱くそして地味だけど確実に、去年よりも登ってるポールです(笑)
今回は先週フェリーに18時間揺られ徳島に行ってきたのでその話を書こうと思う。
三泊四日の全国行脚の本、執筆旅行とでも名づけようか。
全国行脚で出会った徳島で塾をしている教育の母にアドバイスをもらうため会いに行った。
この徳島は今まで路上でしかできなかったこのキャンペーンを小中学校のステージまで引き上げてくれた僕にとって奇跡の場所。
懐かしい塾の生徒たちやご近所のマザーテレサなおばちゃんとも久々に再会。
二年前と全く変わってない景色に心が踊る。
二年前あった生徒たちはほとんどそれぞれの道へ旅立ちニューエイジたちがまた目を輝かせてくれた。
「元気マウンテンですか?登天ポールっていいます」
いきなり授業中にギターを持って出演。
駄洒落ソングで覚えよう、まずは英単語の歌~♪
って机の歌、かぼちゃの歌、サメの歌など合計8曲を披露した。
やっぱり子供たちはピュアピュアだ。
まるでスポンジのように一言一言僕の言葉を吸収する。
パンプキ~~ン パンプキ~~ン パンプキンキ~~ン♪
かぼちゃの歌が一番人気だった。
そしていじめの話題へ…
若い塾長のイサオ君が僕のいじめ活動を紹介してくれたので即興でいじめの歌を歌った。
誰もが 育った環境も違うし~♪ 誰もが それぞれ性格も違うし~♪
みんな見つめる視線は真剣。
僕の思いはみんなの心にしみこんでいった。
改めて思うことがある。
勉強も大事だけど、仕事も大事だけど、家庭も大事だけど、競争の社会でどんどん失っていく本来の人間らしさ、美しさを忘れてはいけないと思った。
今書いている本は全国で出会った学生たちを中心に写真とメッセージで綴って描いていく47の物語。
まだ書いたり消したりと時間が掛かりそうだけど中途半端なものにしたくないと日々奮闘中。
楽しみにしててくださいね。
どうかこの思いが一ミリも漏れることなく全国へ伝えられるように思いを込めて…

POSTED DATE : 2009年6月1日

100年に1度という景色

皆さんこんにちは♪
変わらず元気マウンテンでしょうか?
今日から6月ということでいよいよコンビニで薬が買えます!って微妙…
JUNEブライドの方はハッピーマンスリーですね(幸)
もうポールの友達の結婚ピークは終わったけどこれからハピネスという方、ハピネスに参加の方は人生のTOP OF HAPPYを思いっきり楽しんでくださいね。
心からコングラチュレーション☆
ポールはというとここんところの天気が曇スラッシュ雨でなかなかマウンテン日和にならず情熱が2ボルト漏電してしまってます。早く放出しないと…
皆さんの情熱は大丈夫ですか?
今日は無意識にストレスにもなっているこの大不況について書いている。
fdadaad.jpg
世の中といったらまだまだ抜けられない100年に1度のディープブルー状態。
深海でシーラカンスにでも会ったんじゃないか思うくらい重い妙なテンション。
せめてシュノーケリングできるくらいのマリンブルーであってほしいなと思っていたのもつかの間に有効求人は過去最悪の0.46という数字を醸し出し、GDPはジェットコースターのような悪化をたどり、もういじめ問題以前の状況に路上から見えるみんなの顔は獲たいの知らない負荷がかかって笑顔が重い。
こんな世の中って大嫌い。
わかっちゃいたけどこんなに息苦しいもんだとは思わなかった。
その一方で楽観的なもう一人の自分は涼しい顔をして世の中を覗き込む。
だから何だっていうのよ?
それがどうしたっていうのかい?
take it easy♪ 空飛ぶ鳥は飛ぶことに悩まな~いバーード♪(新曲ブルースバードより)
良くも悪くも私は100年に1度という景色が好きだ。
人生80年だから20年ずれると見ることはできなかったんだラッキーと思う。
経済的に厳しく家庭も会社も運営が厳しいのは世界みな平等。
どうせならワクワクしようよ。
どうせならウキウキしようぜ。
 +でいこう
 αで夢見よう
だってこの不況を乗り越えたときの景色もまた100年に1度しかない景色なんだから…
NEXT IS…

POSTED DATE : 2009年5月17日

無言キャンペーンの反応

ゴールデンウィークが終わり5月も折り返し。
草木も日に日にグリーングリンになって生命がほとばしる季節がやってきた。
みんな元気マウンテンかい?
衣替えは澄んだかい?
ポールはいまだに厚手のアウターたちが部屋にかかっていて早くクリーニングへ出さねば出さねばと思いつつクラウチングスタートで待機しています。
ここぞ!というときに一気にサマーチェンジしてやろうと思っているこの頃です。
今回はゴールデンウィークに渋谷で行なった無言のキャンペーンについて書いてみる。
GW 一日目
いつものように歌を歌えない無言のキャンペーン
三本ののぼりの前でただ立っているだけ
ここぞという流れのところでトークをするがほとんど立ち止まらず…
チラシを配るがほとんど受け取らず…
ようやく受け取ってくれた女の子からはダッサラしたおっさんと勘違いされる始末
 凹…凹…む…
 深く…広く…
歌えないんだから仕方ないと片付けをして愛車ミケランジェロに戻るとなんとフロントガラスに思いがけないプレゼントが
  駐禁シ~ル
 
OH♪MY♪ GOD~~~~~~~~♪
凹…凹…んで  上から…凸…凸…凸…
思わずテトリ~ス(愛)
この瞬間ポールの定額給付金の使い道が決まった
皆さん
国から貰ったのお金はお国の元へ
時代は給付金もリサイクルの時代で…

POSTED DATE : 2009年5月4日

GWキャンペーンIN渋谷~2DAYSを終えて~ 

同じ宮下公園でやってたケバブ屋さん。
3年前と変わらないトルコ人?のおっさんがやってた。
「ちゃんと区役所の人にも話してるから」
そう言ってなにやら名詞を探している。
たぶんポールがここを仕切っている重要人物と勘違いしているらしい。
よくわからない間が数秒続いた。
でもその名刺を見せられたところで一体どうしたらいいんだい?と思って必死で探している彼を尻目に離れようとしたが約1分間ここまでの間でも
全然名詞出てこないじゃん…
さっきから財布の同じところばっか見てるじゃんこのひと…
しまいには小銭のところも開け出しよって…
完全に区役所の話ないなと思ったポールでした。
ケバブ話はさておきキャンペーンは無事2DAYS終了しました。(ラストは雨で中止でした)
ホント会いに来てくれた方心からサンクスです。
初めて出会った方もありがとう。
また一人泣いていたメガネの女の子も元気になってくれたかな?
一人ぼっちだって大丈夫だから。
ここにこんなステキな言葉がある。
きっと本当の悲しみなんて自分ひとりで癒すものさ
                 
                   By渡辺美里
ホントそうだと思う。
本当の悲しみは友達にどれだけ言ってもわからないものなのだから。
日曜日もいるんでよければ来てくださいね。
 いつも心にマウンテン
2009年はこれからだ!
NEXT IS…「無言キャンペーンの反応と効果」

POSTED DATE : 2009年4月19日

無言のキャンペーン決行~4.19宮下公園~

いや~すっかり春だね。
桜も散ってもうゴールデンなウィーク待ちといったところでしょうか。
ポールは久々の宮下公園で無言のキャンペーンを実施しました。
歌えないということで本なんか読んだりしてほのぼのサンデーキャンペーンになりました。
しかし歌ってない方がCDが売れるってどういうこと?
ホント感謝です。
買ってくれた人心からありがとマウンテン。
そうそう今読んでいるこの本は先週角川書店から発売された斉藤貴男さんの
強いられる死~自殺者三万人強の実相~」という本です。
重いって言わないで。
そんな国なんだってば今日本は。
去年実はサンデー毎日にポールの記事が載ったことで斉藤貴男さんが興味を持ってくれて取材を受けたんだ。そのときのことがこの本のあとがきに書いてあってポールの「いつも心にマウンテン」の歌詞が乗っています。リンク張っておくんで是非皆さんBUYしてください。
まずはこの国の自殺者の現状をみんなで知ろうじゃないか。
最近ダークサイドになっちゃってヤバイのよ日本。
このブログ書いている間にもヤフーニュースで21歳の警察官が口に拳銃を差込み自殺をした記事が載ってある。
ホント一人でも多くプラスの気持ちになってもらいたいのよ。
そして一人でも多く笑顔マウンテンになってもらいたい。
NEXT IS…

POSTED DATE : 2009年4月9日

路上パフォーマーの危機

今から書く気持ちはたぶん国民の99.99999%は分かってもらえないと思うがあえて書かせてもらう。
先週のサンデー。
春うらら気分で車を走らせ路上ライブできそうな場所を探していた。
今までのホーム渋谷を始め、原宿、代々木公園あたりをくまなくリサーチ。
だが悲しいくらい一人のパフォーマーの姿はなかった。
仕方なく新宿に場所を移り西口でいじめ撲滅キャンペーンを決行。
しかしのぼり三本立てたところでポリスマンがやってきた。
30分の交渉もむなしく最後には始末書を書かされる始末。
その間野次馬も集まり完全な犯罪者状態になっていた。
一言も思いを発することができないまま静かにのぼりを片付ける。
やり場のない思いと空しさが込み上げてきたんだ。


人を楽しませようとするパフォーマーたちに一体何の罪があるというのか。
こんな時代だからこそ明るく元気に生きていこうと伝えるエネルギーに何の非があるというのか。
青空の下太陽の中で思いを叫ぶこと。
それは大昔から続いてる魂の叫び。
そこに人間の真の姿があり、情熱があり、時代の姿があるのだろう。
それを文化というんじゃないのか。
私は学生時代に行った懐かしい光景を思い出す。
一度行ったアメリカで見た路上パフォーマーに感動したのを覚えている。
誰が見ているか分からないのに必死に足場を積み上げる姿。
その真剣な情熱に心を打たれた。
頂上に立ったときみんなブラボーと一斉に拍手を送った。
ニューヨーク、ロンドン、フランス、主要の先進国からパフォーマーが消えることなんてない。
国のトップは人を楽しませるというエンターテイメントパワーが何よりも大切なことを知っているから。
全く消えてしまった東京。
冷たいセメントだらけになってしまった東京。
若手のポリスマンは相変わらず片付けする私を見つづけている。
例え日本のパフォーマーが私一人になったとしても私は愛のない社会と戦っていくことを決意し新宿を去った。
NEXT IS…『無言のキャンペーン決行』

POSTED DATE : 2009年3月19日

%E3%81%A3%E3%81%A0%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82.bmp

春といえば別れ
春といえば旅立ち
皆さんはあの卒業式のことを憶えていますか?
人生に何度とない別れと旅立ちの瞬間。
支配からの卒業をした尾崎豊クンは例外としてあの場面をみんなは憶えているでしょうか?
もう会わなくなる担任の先生や仲間たち、好きだった人やもう歩くことのない帰り道…
あのセピアな風景をみんなは鮮明に思い出せるだろうか?
初めて見た卒業アルバムの中の私…
一番後ろのページに書いてもらったクラスメートのメッセージ…
なんだよこれといいながら開けていきなり出てきた紅白まんじゅう…
何年前のことだろうか…
あんなに歌って笑って涙した体験を未だに超えるものはない
たぶんこの先もないんだと思う
この春卒業した皆さんへ送る漢字
    光
無限の可能性へ
これからも自信を持って登っていって下さい
卒業おめでとマウンテン