toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

POSTED DATE : 2008年5月10日

今を徒然に綴る日記

  皆さん元気マウンテンですか~?

写真はもうすぐ2才になる友達のレイゴです。
両腕の角度が少しあまいのは置いといて笑顔が100点マウンテンですね。
いつ見ても子供の笑顔はダイヤモンド。ホント癒されます。
ところでみんな5月病とか大丈夫かな?
春からニューライフを送っている人はそろそろ疲れがマウンテン??
あまり力まずに自分らしくゆっくりと季節を感じながら進んで行きましょう。
ポールは今、本を書いています。
山手線も終わったということもありようやく全国行脚の旅が整理でき始めました。
あまりにも壮絶でボリュームマウンテンだったためなかなか振り返れなかったのです。
全国行脚の旅へ出発したのは今からちょうど1年前のことです。
今思うと今日から12月までの7ヶ月間、200日以上にわたる日々を車内で生活していたと思うと我ながらバードスキンです(笑)。
本当に精神的にも肉体的にもボリュームマウンテンな旅でした。
200日以上にわたる車内生活の模様、季節の変化と共に変わる心境の変化、いじめ問題を通じて協力し合い力を貸してくれた全国のみんなとの出会い、J-WAVEリスナーとの出会い、各地の教会の助けや各教育委員会の助け、数々のマネージャー☆とのリアルケンカに至るまでキャンペーン以外の話も織り交ぜてノンフィクションで書いていこうと思います。是非楽しみにしてて下さい。
また路上ライブも積極的にしていこうと思います。次からは新曲も披露する予定。
これからも変わらぬ応援の程、宜しくマウンテン♪
NEXT IS…「いじめ撲滅キャンペーン山手線全駅を終えて」

POSTED DATE : 2008年5月5日

ゴールデンウィークの夜

 眠いのか…眠くないのか…まだ起きたいのか…何か食べたいのか…
5月というのにまだ羽毛布団に包まりながらそんな選択肢で眠れずにいる。
ゴールデンウィークということもあってワクワクナイトって感じなのか?
答えはYES。
正月の元旦ナイトのような気持ちで早く寝るのがもったいない感じで溢れている。
せっかくの気分なんでコラムを書こうと起き上がる。
内容はどうする…
まだスリープモード中の脳を起こすのもアレなので浮かんだものから徒然に綴ってみる。
山手線残り2駅…
いじめがなくなるシステム…
春→夏…
鼻から電化製品…
日本の未来…
自分の未来…
レンタルビデオの返却…
なんだか取りとめもなくなってきた。
レンタルビデオは既に1日延滞していてまだ見てもいない。
今から見るか…いやいや明日はキャンペーン。早く寝ないと…
でもせっかくなんで見ておくか(笑)ウキッ♪
どちらかというとここまで地味なゴールデンウィークを過ごしていたので少しでも輝かせようとする自分がいる。それを見たところで輝くのかと疑問符だが今から見てみよう。
えっとタイトルは…
I am Legend
OH~、よりによってヘビーそうな映画だな(笑)
地球上に一人ぼっちになってしまったんだって?
それって
   どんな状態?
やっぱり見てみよう。
そんなゴールデンウィークの夜。車の音も聞こえない静かな夜。
NEXT IS…「いじめ撲滅キャンペーン山手線を終えて」

POSTED DATE : 2008年4月15日

JR山手線21駅目を終えて

あんだけ咲き乱れたサクラたちがウソみたいに一瞬に散ってしまう様子は毎年ながらもの寂しい気持ちになる。2008年も4月中旬。今年こそ○○するぞとあんなに意気込んでたのにもう四分の一がフィニッシュ。本当に早い。何ができるのか改めて整理しているこの頃です。
JR山手線でのキャンペーンも次は池袋からスタート。
残り8駅だが新宿や原宿、渋谷といったモンスターステーションが待ち構えている。
気持ちの中でまた別のスイッチが入る。
大勢の人込みに流されないようにこれまで以上にいじめ撲滅へ集中していくつもりだ。
先日の路上ライブで嬉しいニュースがあった。
2月くらいに一度路上ライブを見に来てくれたBOYたちがまた見に来てくれた。
前回、「これから受験なんです。合格するために元気マウンテンを下さい。」と話しかけてくれた二人組だった。そのとき嬉しくてパワーを込めてマウンテンソングを歌い、気合の合格マウンテンを披露した。
そんな二人が晴れて大学に合格した。 
祝♪TOP OF HAPPY♪

記念に三人で合格マウンテンの記念撮影。
本当におめでとう。勝手に画像のせちゃったけど許してね(笑)
それにしても季節は早い。
とくに最近はキャンペーンをして制作、レコーディングの日々であっという間に過ぎていってた。私のキャンペーン感覚だと彼らと出会ってから合格までわずか16駅(田町駅~大塚駅間)での出来事。山手線内回りを普通に乗っていればわずか28分。その28分間に高校生から大学生へ???これはおかしな話です。
とにかくみんな4月の風に乗って上昇気流をつかまえクライブアップ♪
いつも心にマウンテン
NEXT IS…

POSTED DATE : 2008年3月25日

春うらら

まだ肌寒い午前9時。窓から眩しい日差しが部屋を照らす。
窓を開けるとスぅーとピュアエアーが全身をすり抜け一気に目覚めた。
思ったより冷たくなったピュアエアーに何故か誘われたような気がしてランニングシャツに着替え外に飛び出した。
通勤ラッシュの車の渋滞を横目に近所の公園を目指す。
お気に入りのミュージックを聴きながらリズムに合わせ走り出す。
もちろん最初のナンバーはマウンテンソング。
二つの信号を超えると緩い下り坂があり小川が見え始めるともうそこが公園だ。その川に沿って約5キロ続いている。久々だった。2月に一回散歩したくらいでそのときとはまるっきり景色が変わっていてビックリする。
先ほどの通勤ラッシュな雑踏がウソみたいだった。
静かな小川の流れと共にピュアエアーが静かに木々の間をすり抜けている。
よし!一気に走り出した。
どんどん景色が変わる。
犬を連れた人々があいさつを交わしている。
小川に鴨みたいなアヒルみたいなのが浮いている。
どんどん走る。
赤々と梅が咲いていた。
何本か桜が咲いていた。
思わず見惚れてしまい足を止めた。
花びらを触った。プニュっとした感触だった。
また走り出す。
どんどんスピードを上げる。
ハアハア言い出す。
…あれ?こんな体力なかったっけ(汗)…
20分ほど走ったところで汗が噴き出始めた。
そろそろ休もうかと思ったとき「さあいこうか♪」とまたまたマウンテンソングが流れ始め仕方なくモア5分
走る。思わずシャッフル機能にしていたipodを元に戻す。
どれくらいの距離を走ったのだろう?
かいている汗の量から見ておそらく東京⇔大阪間くらいは走ったと思う。
近くに公園の看板があったので見てみるとたった4キロだった。バイ~ン。
歩きながらクールダウン。
さっきよりも景色が鮮明に見えた。
何気なく通り過ぎていた木々に葉が生え始めている。
その下の草々も妙にグリーングリンしている。
思わず去年の夏を思い出した。
全国を旅して周り見たあの景色たちはすべてグリーングリンだった。
またあの季節が来るんだと思うとテンションが上がった。
全身を風が吹きぬける。
全身を光が照らす。  
両手を広げ深呼吸。
よし!今年も登っていこう。
ピュアエアーをゆっくりと吐き出しながらそう誓った。
そんな春うらら。
桜はまもなく全開花する。
NEXT IS…「JR山手線20駅目を終えて」

POSTED DATE : 2008年3月14日

JR山手線18駅目を終えて

もう春。
新しい季節の匂い、特に春の匂いはスペシャルな香り。
もうすぐ咲き乱れる桜の香り、木々の新芽がおはようする香り、暖かくなる太陽の日差しの香り、すべてのが春限定のフレッシュな香りで楽しみになる。僕はこの瞬間が大好きだ。命あるすべての生物が笑顔になれるこの瞬間。大都市東京の中でも忘れることなく感じていたいと思った。
ここ最近、むしょうに自然を欲するようになったと思う。もうお年寄りチックなんだろうか(汗)。
先日キャンペーンを終えて見た田端駅での夕日を見てそう思った。
夕日が見たい。目の前でモロ沈んでいく夕日が見たい。
三本ののぼりを片付けながらそんなことを思ってしまい、全国行脚で見た数々の名シーン、各地の名サンセットシーンを思い出していた。そういえば去年の半分以上はほぼ野宿生活だったもんな(笑)、それじゃあ体が自然と自然を自然に求めるわ~と一人でハニカミながら、自然と18駅目をクリアした。
もう春。
桜が咲く。
NEXT IS…

POSTED DATE : 2008年2月27日

JR山手線14駅目を終えて

先週の上野駅を終えてようやく半分を周った。
全国行脚とはまた一味も二味も違うボリュームマウンテンな路上となってます。
最近は見に来てくださるリピーターの方も増えてきて、またラジオで聞いたことがあるとか、渋谷で見ましたとか、沖縄のチャタンで見ましたとか(笑)、偶然知っているという方達とも出会ったりと路上ならではの再会が一つの楽しみにもなっています。
ほんとみんなありがとう♪
出会いって不思議だなと思う。
一度出会った人と偶然再会する喜び。
それは他と比較できないほどドラマティックでありロマンティックだ。
お互い無条件でとびきりの笑顔になる瞬間がたまらない。
「元気だった?」
「うん、なんとか。」
それで十分。
限りなく初対面なんだけど昔から知っている親友のようなそんな感覚。
それがお互い心地いい。
出会いって不思議だなと思う。
今この場所この時間に歩いてなければ出会えない。
おそらく確立論からいえば天文学的な数字だろう。
その奇跡を何度か経験できている私はほんと幸せです。
またがんばろうってなる。
また出会うかなってなる。
それが今の原動力。
いじめはなくなってきてるのかな?
いじめられっ子に届いているかな?
いろいろあるけどいつも心にマウンテン。
みんなに届くその日まで情熱シャウト。
NEXT WEEK IS…

POSTED DATE : 2008年2月21日

チャレンジ

先週日曜日に東京マラソンがあった。友達が出場し三時間半で完走した。は、速い…。ポールは路上キャンペーンで見に行けなかったけど35キロ時点でそれを見た友達が一言。
「音もなくみんな幽霊のように速かった。」
へぇ~そんな感じなんだと思っていたらさらに一言。
「来年オレも出よっかな。」
ワオォ~~!この人絶対無理やろォ~!!
インドアタイプな彼だけに一瞬思ったが1年もあれば十分人は変われる。
ポールも車内生活7ヵ月で視力が変わった。(そんな話じゃないって…)
マラソンの抽選会で受かるかは別として心から彼にマラソンをチャレンジして欲しいと思った。ということで今回のコラムは「チャレンジ」をテーマに書いてみる。
もうすぐ春だ。新しいことへチャレンジしよう。
チャレンジは冒険。
チャレンジは進化。
チャレンジは宇宙。
人類は常に新しいことへチャレンジしてきた。
人類の歴史はチャレンジの歴史。
今の快適は誰かのチャレンジの証。
誰かがチャレンジしていると自分もチャレンジしたくなる。
チャレンジ、それは人類のDNA。
チャレンジしよう。
先延ばししてきたあの日の約束に
チャレンジしよう。
今年こそはと誓った自分に
チャレンジしよう。
できるもできないも50/50ならば半分の確率でできるっていうこと。
チャレンジしよう。
2008年春、みんなで一緒に
チャレンジしよう。
NEXT IS … 「JR山手線14駅目を終えて」

POSTED DATE : 2008年2月12日

いじめ撲滅キャンペーン山手線/9駅目を終えて

2月に入りグッと気温が下がった。吹き付ける風は強く容赦なく私のテンガロンハットを
飛ばし三本のぼりも吹き飛ばす。冬のキャンペーンは思ったより厳し
い。去年よりも寒いんじゃないか?余裕こいてた自分に反省です。
今週は大人のいじめについて書いてみよう。
最近路上で話しかけてくれる人々の中で結構多い質問が大人のいじめです。
「子供だけじゃないのよ。大人のいじめも多いのよ」と言って去っていくおばち
ゃん?がほんと多くなった。それを言われるたびに私はリアクションに困って
しまう。
大人になってもいじめって何なんだ??
どんな人がやっているのか?
人間としていいの?
その会社は大丈夫??
いろんなクエスチョンが沸いてくる。
大人になってもいじめをやってしまっている人って自分から心プアですよって言
っているようなものというか…その前にいじめ合っている会社ってどうなの?
業務的に支障が出ない?それが上司だったり重役ポジションな人がやっていたら
もう…。
もしこれを見ている人の中で大人のいじめを知っている又はうちの職場にはあり
ますよといった人がいれば是非メール下さい。どんないじめなのかを教えて下
さい。ご要望があれば歌いにいきますよ♪交通費は下さいね(笑)
とりあえずそんな大人がいたら困る。
緊急に手紙を書こう。
DEAR 大人になってもいじめをしているあなたへ
一度世界の終わりのような経験を想像してください。
食べるものもなく、住むところもなく、お金があっても買うところもないそんな
世界です。
みんなパニックです。
文句を言ったり、けなしたり、誰かのせいにしようとしています。
しかし2日、3日経つに連れて状況はさらに悪化。
腹が減り、思考は麻痺し、精神もやつれてきました。
なんとかしなければと思い始めます。
この状況を打破しなければ…
寒さの中で必死に叫ぶ…誰か助けて…
実はポール13年前に同じようなことを経験しました。
6400人以上死んだ阪神大震災で経験しました。
当時19歳だった私ですが嫌でも助け合うことの意味を教えられました。
何が言いたいか?
思いやる心を。
助け合う大切さを。
神戸の人間はいつまでもあなたに語りかけています。
NEXT IS …

POSTED DATE : 2008年1月28日

いじめ撲滅キャンペーン山手線/6駅目を終えて

先日の田町でのキャンペーンで6駅目。全29駅中の6ということで結構ボリュームあるなというのが正直なところです。日に日に寒さも強まる中、平日を中心にキャンペーンを行ってきました。特に夕方の時間学校帰りの学生たちを狙ってきましたがもしかしてテスト期間なのかな?思ったほど学生に出会えていないんです。残念。しかしその反面恐ろしい数のビジネスマンと出会い、次々と駅からオフィスへオフィスからお得意先へ流れ流れて流されて…そのスピードの速さにポールも流され目がぐるぐるパニックになってしまった。
何なんだこの人の多さは…
改札口から出てくる人々はまるでダムが決壊した水のように溢れ流れ出しそれら一つ一粒がスピードスケーターに変身し我が我がとゴールを目指す。途中誰かがコケようが靴が脱げようが倒れようが見向きもせずにひたすら目的地へ。木枯らしという風にも乗りさらにスピードが増したところで私、登天ポールと出会う。「もっとハッピーで行こう♪」と情熱シャウト。するが悲しいくらい彼らにとって私は既に風景でしかなく置物でしかなく音に合わせて踊るちょっとカラフルなダンシングフラワーでしかなく私の前を一瞬で通り過ぎていった。中には興味を示し大阪の食い倒れ人形を見るようなラブ目線を送るスケーターもいたのだがそれもどうかなと思うし。
ということで次からはなるべく日曜にしたいと思います。
しかし恐るべし東京。恐るべしJR山手線。人多すぎやわ。
まだ6駅目なのにこのリアクション。
全国行脚とは一味も二味も違うシャープな喉越しに思わず吐きそうになるけど堪え喉まできたものを強引に飲み込んで「ノ~プロブレ~ム♪」と笑顔で進んでいこうと思います(笑)。
だからみんな、いじめになんて負けないでくれ。
NEXT IS…「JR山手線/9駅目を終えて」

POSTED DATE : 2008年1月23日

マウンテンハンドラインスタート

キッチンで久々にスパゲッティーを茹でている。
テレビからはお天気ニュースが流れている。
「明日は今年一番の寒波が押し寄せてきそうです。」
何?明日は一番のカンパだって!?
一瞬寒波をカンパと勘違いしてしまった。
一瞬とはいえ少し喜んでしまった自分がとても痛い。
時間が経つにつれやっぱりさっきの出来事は悲しすぎるやろと凹む。
ゆであがったメンにレトルトパックのカルボナーラを垂らす。
出来たぜカルボナーラ。
予想はしていたが驚くほどにマズかった。
しかし寒波をカンパと反応するとは…
まだ言っている。
明日は五反田駅でキャンペーンだ。
今年一番の寒波に今年一番のカンパが押し寄せるのかちょっと楽しみになった。
NEXT IS…